デジタル時代の営業ノウハウ

  • TOP
  • マーケティング
  • 営業活動の効果をアップさせる、問い合わせフォームの9つのポイント

営業活動の効果をアップさせる、問い合わせフォームの9つのポイント

マーケティング
399views
営業活動の効果をアップさせる、問い合わせフォームの9つのポイント

あなたの会社のウェブサイトにもきっと問い合わせフォームがあるでしょう。

では、問い合わせフォームからの問い合わせ件数は週に何件ありますか?

問い合わせフォームからの成約率は何%ですか?

問い合わせフォームがあまり売上に貢献をしていない場合は、もしかすると問い合わせフォーム自体に問題があるのかもしれません。

今回は、営業活動の効果をアップさせる、問い合わせフォームのポイントをご紹介します。

1. 閲覧数・離脱率を確認する


まずは、問い合わせフォームの現状を把握します。

冒頭で触れた、問い合わせ件数、成約率の他、問い合わせフォームがどの程度閲覧をされているか、そして閲覧後何%の人が実際に送信をしているかを確認します。

閲覧数が想定より低い場合はフォームへのリンクの設置場所に問題があることがわかります。

閲覧数は高いのに問い合わせ率が低い場合はフォーム自体の問題が考えられます。

2. 目にとまるようにする


見た目は非常に重要です。

デザイン性が高いという意味ではなく、まずは問い合わせフォームが目立つところにあることが大切です。

もっとも大切なのが問い合わせフォームへのリンクをどこに設置するかです。

問い合わせフォームを使って連絡をして来てほしい見込み客の目に止まるには、閲覧者の必要な情報があるページすべてに設置をしましょう。

せっかく最適な場所に設置をしても、目立たなくては意味がありません。

ウェブサイトのデザインに応じて、視認性の高い、目立つ色を選びましょう。

3. フォームにリンクは載せない


問い合わせフォームへのリンクをクリックしてもらった後、見込み客にしてほしいことは、入力です。

入力に集中してもらうよう、フォームには、他のページへのリンクやその他の情報など、余計な情報は載せないようにしましょう。

他に気になることがあると、問い合わせしたい気持ちがそれほど強くない場合は、入力を中断してしまい、そのまま戻ってこなくなってしまいます。

4. プライバシーポリシーへのリンクは載せる


問い合わせフォームに唯一必要なのが、プライバシーポリシーへのリンクです。

メールアドレスも個人情報です。

個人情報を送っても安心と思ってもらえるよう、プライバシーポリシーへのリンクは必ず載せるようにしましょう。

フォームの暗号化も必須です。

5. 入力項目はできるだけ少なく


入力項目が多ければ多いほど、問い合わせ率は下がります。

営業マンなら、できるだけ多く見込み客の情報を取りたいと思うところですが、メールアドレスさえあれば、営業支援ツールを活用し、自社サイトの閲覧状況などがわかります。

入力項目は極力減らし、3~5つ以内に絞りましょう。必須項目を減らすことも大切です。

Expedia社が項目を一つ減らした結果、1200万ドルの利益があがったというデータもあります。

6. 入力確認画面はいれない


入力確認画面は省きましょう。

これも離脱を防ぐためです。

確認画面を見た後、「やっぱり送信はやめておこう」と思わせないようにしましょう。

7. 送信ボタンは目立つよう


送信ボタンはとにかく目立つように、大きさや色を工夫しましょう。

ボタンのテキスト文言も、問い合わせフォームの目的に応じて変えた方が効果的です。

8. A/Bテストをする


設置場所、リンクの色、項目の内容や数、送信ボタンの種類などで、テストをし、最適なフォームを見極めることも重要です。

テスト期間の閲覧数、送信数をチェックし、結論を出しましょう。

9. スマホ対応をする


最後に、これから重要性がどんどん高まるのがスマートフォンへの対応です。

スマートフォンに対応をしていない場合は早急に対応をしましょう。

閲覧数を確認する際、閲覧している端末の確認も忘れずに行います。

 
いかがでしたか?

問い合わせフォームは設置をして終わりではありません。

むしろ設置をしたところから勝負が始まります。

ぜひ見直しをして、営業活動へ貢献する、効果の高い問い合わせフォームに変身させましょう。


セールスハックスのダウンロード資料はこちら

資料のダウンロード

メルマガ会員登録

セールスハックスの新着記事やビジネスに役立つ最新情報をお届けします。

サービス情報 services

digimaバナー

FOLLOW US!