営業マンがフォローすべきTwitterアカウント13選

あなたはTwitterをどのように活用をしていますか?
親しい友人とのやりとりに活用したり、趣味のアカウントをフォローしたりと、プライベートで使用している方が多いかもしれません。
アカウントを作ったものの、ほとんど見ていないという方もいるでしょう。
実は、日本は発祥地のアメリカに続けて、世界第2位のTwitter先進国。
アクティブなユーザーが多く、独自の使い方もされているため、Twitter社は日本に開発拠点を設けているほどです。
そんな好環境にありながら活用しないのはもったいないことです。
また、即時性のある生の情報があふれており、営業マンにぴったりといえます。
今回は、営業マンがフォローすべきTwitterアカウントをご紹介します。
>> 世界のCEOのソーシャルメディア活用法はこちら

1. データでわかる日経 @nikkeivdata

営業マンとしてまず押さえておきたいのが経済情報です。
日本経済新聞電子版(@nikkei)のアカウントはフォローしている人も多いと思いますが、その電子版のニュースをひと目でわかる形で表現をしているのがこのアカウントです。
詳細についてはウェブサイトで解説もしているので、気になる投稿には「いいね」をしておき、時間のあるときに見直すとよいでしょう。
2017年4月に開設されたばかりの新アカウントなので、他の人に教えてあげると一目置かれるかもしれません。

2. WBS(ワールドビジネスサテライト) @wbs_tvtokyo

テレビ東京で平日夜11時から放送している経済ニュース番組WBS(ワールドビジネスサテライト)のアカウントです。
画像や動画を取り混ぜながら、番組で紹介をする話題について投稿しています。
おもしろい新製品や幅広い業界の動向がわかります。
元気な企業を取り上げることが多い点も、営業マンの情報収集に適しています。

3. NHKニュース @nhk_news

ニュースアカウントをいくつもフォローをすると、タイムラインがニュースで埋まってしまうことがあります。
関連するアカウントをまとめて登録できるリスト機能を活用する方法もありますが、ニュースについては、信頼性の高い、公式アカウントを一つだけ登録をすれば十分です。
また、ニュースはトレンド、モーメントからも確認できます。
1つだけ登録するニュースアカウントとしておすすめなのが、国内外のニュースを幅広く扱い、速報性も高い、NHKニュースのアカウントです。
公式のニュースアカウントを複数フォローして、自分にあったものを残してもいいでしょう。

4. 交通機関の運行情報(公式&非公式)

アポイントの多い営業マンにとって遅刻は厳禁!
ビジネスチャンスや信頼に影響する遅刻に繋がる交通機関の遅延情報は、営業マンにとってニュース速報よりも大事といっても過言ではありません。
東京メトロ東西線運行情報(@T_line_info)のように公式の運行情報アカウントを探してフォローをしましょう。
公式アカウントでは確認された情報しか出ないため情報が若干遅い傾向があります。
そのため、非公式で特定の路線についての運行情報を発信しているアカウントも合わせてフォローをすると確実です。
出発前に公式アカウントをチェックし、移動中に遅延がわかったら、路線名でリアルタイム検索をすると、現状についての生の情報が拾えます。

5. メシコレ @mecicolle

営業マンは移動中の食事や時間調整、接待などで飲食店の手配をする機会も多いため、グルメ情報もTwitterで入手をしておくことをお勧めします。
メシコレは、ぐるなびが運営をする、食通キュレーターによる厳選した情報を受け取れるグルメマガジンです。
ニューオープン情報や話題の料理やお店についての情報も多く、お客様との話題作りにも役立ちます。

6. 顧客やターゲットに近いアカウント

B2B、B2Cに関わらず、顧客やターゲットに近いアカウントをフォローします。
例えば、B2Bであれば、顧客やターゲットの業界の企業アカウント、関連企業アカウントを探してみます。
Twitterでいきなり検索するよりも、検索エンジンの方が見つかりやすいかもしれません。
よさそうなアカウントがあればフォローをしてみます。
そのアカウントがフォローしているアカウントや作成しているリストもチェックをしましょう。
B2Cの場合は自社や競合の製品やサービスのユーザーを探します。
製品やサービスの感想や口コミを投稿しているユーザーをTwitterから検索をしましょう。
フォローをするかどうかはそのアカウントの情報を見てから決めましょう。
熱心なユーザーで、頻繁に商品やサービスについて投稿をしており、フォロワー数も多い場合は、フォローをしても嫌がられる可能性が低いため、フォローをします。
それ以外の場合は、検索キーワードを保存し、定期的にチェックをします。

7. Twitterビジネス @TwitterBizjp

Twitterを集客・宣伝で使う人のために、Twitter Japanが運用をしている公式アカウントです。
最新情報や役に立つコツやアドバイスを投稿しています。
無料のビジネスセミナーについての案内もあります。

8. シャープ株式会社 @SHARP_JP

この後の3つのアカウントは、Twitterの活用法が上手な企業です。
まずはシャープの公式アカウント。
企業情報や商品情報だけでなく、担当者の個性を前面に出しながら、話題のトピックと絡めた投稿や、他の公式アカウントとの交流を行なっています。

9. 森田アルミ工業株式会社 @moritaalumi

社員数50名以下ながら、2万人近いフォロワー数を持つB2B企業アカウントです。
エンドユーザーの反応を拾う手段としてソーシャルメディアに着目をし、企業認知度向上を目的に、様々な投稿をテストしながら、人気アカウントに成長をしました。
シャープと同様、製品情報を交えながらも、担当者の個性を出したゆるめのアカウントです。

10. デル法人向けテクニカルサポート @DellCaresPRO_JP

デルはテクニカルサポートのアカウントを個人と法人で分けています。
返信をしないという方針のサポートアカウントも多いなか、ユーザーからの質問に答えているのが特徴です。
質問がなくても、デル製品を購入したユーザーに話しかける試みも行なっています。

11. ビジネス・経営の名言@名言ナビ @biz__meigen

名言データベースの「名言ナビ」の中からビジネス・経営に関連した名言を投稿しているアカウントです。
こういった名言を繰り返し投稿するアカウントをフォローするとモチベーション維持に役立ちます。
リーダーに関する名言のアカウント(@leader_meigen)、お客様に関する名言のアカウント(@okyaku_meigen)と合わせてフォローをしましょう。

12. 「出来るビジネスマンのためのビジネス用語」 @bobb1241

ビジネス用語を紹介しているアカウントです。
一般教養的なものから、新しい言葉まで紹介されています。

13. セールスハックス @saleshacks_dm

私どもセールスハックスのアカウントです。
掲載記事や、営業についてのノウハウについて投稿しています。

今回は、営業マンがフォローすべきTwitterアカウントについてお伝えしました。
即時性の高いリアルの情報を得ること、ビジネスや顧客についての情報を得ること、ソーシャルメディアの活用事例に日々触れること、の3つを目的にTwitterを活用してみませんか。
公式アカウントでも楽しい投稿が多いので、楽しみながら気分転換できる効果もあります。
1つフォローをすると、お薦めも出てきますので、気になるアカウントはどんどんフォローをして、独自の情報ソースを作り上げましょう。

    営業に関する20の衝撃データ

川崎 裕介(かわさき ゆうすけ)

慶應義塾大学卒業後、外資系歯科医療機器メーカーを経てコンベックスに入社。プロダクトセールスチームで新規顧客開拓、既存顧客のコンサルティングに従事する傍ら、セミナー企画・運営を担当。現在は「セールスハックス」の運営、「Digima」のプロモーション全般を担当している。

関連記事

  • 効率化

    営業会議を効率化させるためのオンラインツール10選

  • 営業ツール

    セールスオートメーションとは?営業効率化を加速させる自動化のメリ...

  • データ活用

    営業分析ツールで効果的な営業分析を行うために知っておくべきこと