ソーシャルメディアに投稿するのに最適な時間は?

ソーシャルメディア 投稿 最適な時間

営業マンであれば誰しも、効率よく営業活動を行いたいと思っているものです。
効率化のポイントの一つが、タイミングの最適化です。
例えば見込み客にアプローチをするのに最適なのは、木曜日と言われています。
同様に、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアに投稿をする時間についても、効果がより高い時間があります。
今回は、トラックメーブン社が75業界17,737ブランドによる1億7500万件の投稿を分析した結果判明した、ソーシャルメディアに投稿するのに最適な曜日と時間をご紹介します。

1. 全業界を通してみた場合

・Facebook 木曜日の午後8時
・Twitter 木曜日の午後5時
・Instagram 金曜日の午後7時
・LinkedIn 水曜日の午前9時

一般消費者をターゲットとしているアカウントも多く含まれる、Facebook、Twitter、Instagramでは、週の後半の夕方以降が最適となっています。
一方、ビジネスユーザーが利用をしているLinkedInについては、週の半ばの午前中、それも早い時間が効果的となっています。
ここから先は、各業界の最適な曜日と時間について触れていきます。

2. アパレル・ファッション

・Facebook 水曜日の正午
・Twitter 火曜日の正午
・Instagram 金曜日の午後5時
・LinkedIn 木曜日の午後9時

Instagramについては全体平均と同じ結果なっていますが、FacebookとTwitterについては週の早い曜日の日中が最適となっています。
LinkedInについては、ビジネスパーソンがプライベートタイムにチェックをしている様子が推察されます。

3. 高級商材・宝石

・Facebook 月曜日の午前7時
・Twitter 火曜日の午後5時
・LinkedIn 日曜日の午前9時

Instagramについては情報がありませんが、FacebookとTwitterでは朝の早い時間が最適となっています。
富裕層のライフスタイルと関係があるのかもしれません。

4. 自動車

・Facebook 土曜日の午後1時
・Twitter 金曜日の午後1時
・Instagram 水曜日の午後9時
・LinkedIn 金曜日の正午

Instagram以外は、金曜日か土曜日の午後早い時間が最適となっています。

5. 銀行

・Facebook 火曜日の午後7時
・Twitter 月曜日の正午
・Instagram 月曜日の正午
・LinkedIn 水曜日の午前10時

各ソーシャルメディアでばらつきがでています。
一般消費者向けと法人向けの情報やアカウントが、混在している可能性もありそうです。

6. 金融サービス

・Facebook 月曜日の午後2時
・Twitter 金曜日の午前9時
・Instagram 金曜日の午後2時
・LinkedIn 月曜日の午後1時

各ソーシャルメディアでばらつきがでており、類似している業界の銀行とも異なる結果となっています。

7. 不動産

・Facebook 木曜日の午後1時
・Twitter 木曜日の午前10時
・Instagram 土曜日の正午
・LinkedIn 水曜日の午後3時

Instagram以外では、週の半ばの日中が最適となっています。

8. 医療機器

・Facebook 月曜日の午前6時
・Twitter 月曜日の午前9時
・Instagram 月曜日の正午
・LinkedIn 月曜日の午前11時

Instagram以外では、すべて月曜日の午前中が最適となっています。
医療機器利用者は、月曜日にメディアからの情報を確認する習慣があることが推察されます。

9. 保険

・Facebook 土曜日の午前10時
・Twitter 水曜日の午前9時
・Instagram 火曜日の午後4時
・LinkedIn 金曜日の午前2時

各ソーシャルメディアでばらつきがでています。
LinkedInの最適な時間は深夜となっており、ターゲットとなるビジネスパーソンが、遅い時間に情報をチェックしていることが推察されます。

10. IT・関連サービス

・Facebook 火曜日の午前9時
・Twitter 水曜日の午後1時
・Instagram 木曜日の午後2時
・LinkedIn 水曜日の午後1時

Facebook以外は、週の半ばの午後早い時間となっています。
Facebookについても平日の午前中となっており、月曜日と金曜日を除いた、平日の午前から午後が投稿するのに適した時間と言えそうです。

今回は、ソーシャルメディアに投稿するのに最適な時間についてお伝えしました。
各業界のターゲットや投稿する情報、媒体によって、最適な時間が異なります。
まずは全体の平均を活用し、結果を見ながら、最適な曜日と時間を探っていくのが一番簡単な方法です。
その次にお勧めなのが、ターゲットの行動から、一番情報を読みたいと思う時間を推測することです。
ターゲットが比較的忙しくなく、その商材やサービス、またはそれらに関する課題について考えたり、調べたりする時間はいつ頃でしょうか?
試行錯誤を重ね、自社の営業活動に最適な投稿時間を探してみましょう。

    営業に関する20の衝撃データ

川崎 裕介(かわさき ゆうすけ)

慶應義塾大学卒業後、外資系歯科医療機器メーカーを経てコンベックスに入社。プロダクトセールスチームで新規顧客開拓、既存顧客のコンサルティングに従事する傍ら、セミナー企画・運営を担当。現在は「セールスハックス」の運営、「Digima」のプロモーション全般を担当している。