上司から頼られる営業マンになる5つのポイント

上司から頼られる 営業マン

営業マンとして奮闘されているあなたは「上司から頼られたい、評価されたい」と思っていませんか?
上司と部下の関係は特別で、仕事上切っても切り離せない存在です。
せっかくなら信頼関係のもと一緒に仕事に臨みたいですよね。
当たり前ではありますが、ポイントさえ抑えれば「あなたは上司から頼られる営業マン」になります。
今回は、そんな上司から頼られる営業マンになるための5つのポイントをご紹介します。

まずは取り組む姿勢を示す

上司はあなたに「結果を出すまでのプロセス」を重要視しています。
このプロセスとは結果を出すまでの「取り組み方×本気度」です。
理由はシンプルです。
「仕事を任せることになっても、ちゃんとしてくれそうだ!」と思ってくれるからです。
例えばあなたが上司であれば、どちらの部下に仕事を任せたくなりますか?

部下A:自発性に欠け基本的に指示待ち状態。そして達成意欲が薄い営業マン
部下B:周囲に相談をし、自発的にアドバイスを貰いにきて創意工夫しながら、本気で達成したいと考えている営業マン

当然、部下Bですよね。
「取り組み方×本気度」を行動プロセスで示すことで、上司から頼り甲斐ある頼れる部下になれるのです。
すぐに実践できる点で多くの営業マンが意識して取り組んでいます。

ホウレンソウ(報連相)に抜かりがない

「社会人の基本は報連相です」とさんざん聞かされたのはないでしょうか。
報告・連絡・相談を上司に対して日々実践できる部下が、頼られる営業マンになるので再度意識しましょう。
しかし、お客様と商談をして、電話対応をして、資料作成もして・・・周囲を見渡すことができないくらい忙しい時がありますよね。
お互いの仕事状況が把握しきれない時もあるはずです。
そんな時、上司とコミュニケーションを密にし「お互いの意思疎通」を交わすことが大切なのです。
上司と意思疎通が出来ていれば、仕事を任せるときに周囲とも意思疎通ができると感じます。
もっとも上司がしてほしくない部下の言動の一つは「把握していない仕事のミスを部下が起こしていた」です。
事前に報連相ができていれば防げたミスは、極力避けたいですよね。

会議の場では発言、うなずき、提案の3点を心掛ける

営業部は毎週会議が行われていることが多いです。
ここで、会議に参加する際に意識しておくべき点をご紹介します。
・議題、課題点に対して自らの考え、感じていることを発言する
・他人の意見をうなずきながら耳を傾ける
・解決策となる提案を発言する

あなたがこの3点を意識して臨めば上司からの目は一気に変わるでしょう。
仕事では何事も積極性、自発性を持つことで頼られる存在になるのです。
会議の場で忘れてはいけないのが「間違っても良い」ということです。
間違い発言を恐れて引っ込み思案になってしまうのは、大変もったいないことです。
会議での取り組む姿勢が真剣であればある程、頼られる部下になるはずです。

周囲に感謝できる人間に

仕事は一人で行うものではありません。
営業マンをサポートしてくれる存在が必ずいるはずです。
「感謝の心が人を育て、感謝の心が自分を磨く」
このような格言があります。
サポートしてくれる人に感謝をすることによって、営業マンとしての人格が優れるようになるのではないでしょうか。
上司はそういった部下を見て、誰よりも頼りになる存在になるはずです。
当然、上司に対しても感謝の気持ちを持って言葉に出しましょう。
上司も忙しい中、あなたに気をかけたり、個別ミーティングをしてもらったりなどサポートしてくれています。

予想以上の成果を持ち帰ってくる

部下がある重要先のお客様に訪問していたとします。そこで「予想通りの成果」か「予想を超えた成果」かによってあなたに対しての見る目が変わってきます。

予想通りの成果

これはあなたの能力を「これくらいだろう」と思っており、実力相応の収穫と捉えます。
つまり可もなく不可もなくといったところです。

予想を超えた成果

上司を含めて誰でも、あなたに対してこのくらいの成果を持ってくるだろうと予想しています。
その予想を少しでも超えた成果を持ってくることが大切です。

今回は上司から頼られる営業マンになるポイントをお伝えしました。
仕事を一生懸命取り組み、基本的なことを普通以上にできれば、自然と上司から頼られるようになるものです。
そして、意識次第で、上司やその周囲から絶大な信頼を得られます。
上司に営業同行する際は「新人営業マンに伝えたい、上司との営業同行で重要な3つのポイント」も参考にしてみてください。

    営業に関する20の衝撃データ

川崎 裕介(かわさき ゆうすけ)

慶應義塾大学卒業後、外資系歯科医療機器メーカーを経てコンベックスに入社。プロダクトセールスチームで新規顧客開拓、既存顧客のコンサルティングに従事する傍ら、セミナー企画・運営を担当。現在は「セールスハックス」の運営、「Digima」のプロモーション全般を担当している。

関連記事

  • 心構え

    新人営業マンが失敗から成長につなげるためには

  • 営業スキル

    飛び込み法人営業をする前に知っておくべきこと

  • 電話

    若手営業パーソンの電話営業のスキルを確認するための質問10選