優秀な営業マンが活用するデジタル営業ツールは?

優秀な営業マン 活用 デジタル営業ツール

営業マンであれば誰しも、優秀な営業マンのスキルを取り入れたいと思っていると思います。
優秀な営業マン=生産性が高い営業マンとも言えます。
今は生産性を高める便利なデジタル営業ツールが、無料で利用できる時代です。
今回は、優秀な営業マンが生産性を高めるために利用している、デジタル営業ツールについてご紹介します。

Digima

カレンダーツール

商談中の見込み客や休眠顧客にアポイント取得のメールを送るとき、候補日時を複数用意して送ることがあると思います。
すぐに返信が来て、日時が確定すれば問題はありませんが、複数の見込み客に同じ日時で送ってしまうと、返信がきた時には既に別のアポイントで埋まっているケースがあります。
再調整には手間がかかりますし、何よりお客様に失礼になってしまいますよね。
優秀な営業マンは、自分の空いている時間を公開して日時指定してもらうカレンダーツールを活用しています。
予定が入ればその時間は選択できなくなるので、同じ時間に複数の予定が入ることを防げます。
Googleカレンダーとも連携しているものが多いので、いくつものカレンダーに登録する必要がなくなります。

メールトラッキングツール

「見込み客にメールを送ったけれど、返信が来ない・・・」「そもそも読んでくれているかもわからない・・・」
そんな経験はありませんか?
優秀な営業マンはメールトラッキングツールを活用して、そのようなモヤモヤを解決しています。
メールトラッキングツールを使えば、メールが開封されたタイミングや、メール内のリンクがクリックされたタイミングがわかります。
提案資料や見積書などのファイルも、添付ではなくストレージにアップしてURLを送れば、クリックして見たタイミングがわかるので、見込み客への連絡がしやすくなります。
また、Webトラッキングもできる営業ツールから送ることで、自社のホームページのどのページをどれくらい閲覧したかわかるので、見込み客の興味関心ごとを把握した上で、効率よくアプローチすることができます。
>> メール・Webトラッキングができる営業ツールを詳しく見てみる

ビジネスチャットツール

プライベートではLINEなどのチャットツールを使用しているけれど、社内コミュニケーションはメールを使っているという方も多いのではないでしょうか?
一言で返せる内容にも関わらず「短すぎると相手に失礼になってしまうかも・・・」と言う思いから、返信に時間をかけてしまっている方も少なくないでしょう。
しかし、営業マンにとって時間をかけるべきところは営業活動です。
時系列で内容を確認でき、ビジネス上で不可欠なファイルの共有も(ドラッグアンドドロップで)簡単にできるビジネスチャットツールを使わない手はありません。
先ずはチーム単位で導入してみるのもよいでしょう。

Web会議ツール

営業活動と言えば、以前は訪問が主体でした。
しかし今は、オンラインでプレゼンをして、見込みが高い場合のみ訪問する、もしくは契約までオンラインでする会社が増えてきています。
訪問でのアポイントは、最低でも30分~1時間は打合せの時間が必要です。
さらに移動時間も合わせると、1件のアポイントに2~3時間は要します。
Web会議ツールを使えば、時間を大幅に短縮することができるので、より多くの商談を設定することができます。
優秀な営業マン=生産性が高い営業マンと考えると、オンラインでのプレゼンを積極的に導入している理由がわかります。

今回は、優秀な営業マンが活用している営業ツールについてご紹介しました。
取り入れやすいツールから取り入れて、営業活動を効率化してみてください。
具体的な営業スキルに関しては「優秀な営業マンが持っている営業スキルとは?」で紹介しています。

    Digima

関連記事

  • デジタル化

    営業マンが使うべきデジタルツール10選

  • 営業プロセス構築

    営業ワークフローの標準化で、効率化しつつ商談を2倍に

  • 営業ツール

    そのツールに決めて大丈夫?営業ツール導入の8つのチェックポイント