効率よく電話営業するために押さえておきたい12のデータ

効率よく電話営業するために押さえておきたい12のデータ

訪問前の営業とも言えるインサイドセールスで、重要な位置付けの電話営業。
以前から幅広い業界で取り組まれていました。
しかし、取り組みやすい一方で、効果の出方に差が出てくるのも事実です。
電話営業で成果を出すには、他社の動向やトレンドを知りながら、改善を繰り返すことが必要です。
今回は、効率よく電話営業するために押さえておきたいデータをご紹介します。

1. 電話では、話し方や口調がコミュニケーションの86%を占める

(出典:ContactPoint)

言葉は、コミュニケーションの14%のみしか占めていないとも捉えることができます。
電話営業の改善や効率化には、コールスクリプトに注力しがちですが、感じのよさやどのような印象を与えるかを確認することもとても大切です。
また、伝えたいことがしっかりと伝わるよう、スクリプトに言いたいことを詰め込みすぎないように注意しましょう。
話し方や口調を確認するには、録音するのが一番です。
普段の通話を録音して確認できるシステムがあると、双方向の会話を確認することができます。

2. 44%の営業マンがフォローアップを1回しただけで諦めてしまっている

(出典:Scripted)

営業プロセスを次のステップに進めるために必要なフォローアップの回数は、増加傾向にあります。
それにもかかわらず、4割以上の営業マンがフォローアップを1回しかできていないというデータがあります。
フォローアップが効果的であることを周知し、業務に組み込むことが大切です。
業務量や人材不足の問題によりできていないのであれば、業務の見直しや効率化に役立つツールの導入についても検討しましょう。

3. 営業案件の80%は商談の後にフォローアップの電話が5回必要

(出典:The Marketing Donut)

必要なフォローアップの回数は企業によって異なりますが、このデータでは、既にコミュケーションが取れている見込み客との商談後のフォローアップの回数について触れています。

4. 見込み客に繋がるまでに8回電話をかける必要がある

(出典:Brevet)

反対に、このデータでは、見込み客と接点が作れるまでの電話の回数に触れています。

5. コンバージョンされたリードの93%は6回目のトライで初めて連絡が取れる

(出典:Velocify)

コンバージョンされて、次の営業ステップに進んだ見込み客に絞って分析をした場合でも、コンタクトが取れるまで6回も電話をする必要があったというデータです。

6. 営業電話のうちアポが取れるのはたったの2%

(出典:Leap Job)

営業電話全体で見た場合は、アポイント獲得率が非常に低いことがわかります。

7. B2B(法人ビジネス)の場合コンタクト率(つながった率)は10%程度

(出典:Inside Sales)

B2Bに限ったデータですが、4~6回電話をする営業マンの場合は成功率が55%にもなります。
電話の回数が増えただけで、コンタクト率が大幅にアップすることがわかります。

8. 新規開拓担当の営業マンは平均して1日に46回電話をかける

(出典:The Bridge Group)

こちらのデータは、一日に必要な電話の件数の目安になるかもしれません。
しかし、これはあくまでも平均で、他のデータでは同じ見込み客に対しての電話の回数が不足していることが読み取れることから、中身についても見直すことが必要でしょう。
例えば新規リード46人にかけるよりも、再トライやフォローアップを一定数入れるという指示を出した方がよいかもしれません。

9. 営業マンは電話をかける相手先を探すのに勤務時間の40%を費やしている

(出典:Inside Sales)

今までのデータから電話営業は非効率と思われるかもしれませんが、そうではありません。
このデータが示すとおり、まだまだ効率化の余地があります。
例えば、この場合の解決策は、リードのデータを事前に十分に用意すること、すぐに見つかるようデータを整備することでしょう。

10. ウェブサイトを閲覧した見込み客を閲覧の5分以内にフォローアップすると、コンバージョン率は9倍になる

(出典:Inside Sales)

フォローアップの回数を増やさなくても、タイムリーにコンタクトすることで、コンバージョン率を大幅にアップさせることができます。
閲覧履歴を取得し、個人情報と紐付けをすることも技術的に可能ですので、導入を検討するのもいいでしょう。

  • 新規案件の増加、売上げ向上を加速する営業支援ツール

    もっと読む
  • 11. 自動ダイアルソフトを使うと、通話と通話の時間が短縮され、新規リードのコンタクト率が3~4倍になる

    (出典:Inside Sales)

    電話をかける時間を短縮することで、コンタクト率をアップさせるソリューションです。

    12. 平均的な営業マンは電話の後メモを残すのに7.5分かけている

    (出典:Inside Sales)

    通話中にデータベースに情報やファイルを追加すると、その時間を削減することができます。
    追加した情報は、チームで共有できるようにすることも大切です。

    いかがでしたか?
    まずは自社の状況を確認し、データを参考にしながら、営業フローを組み立ててみましょう。

    • 今後の営業スタイルを見直さずにはいられない

      営業に関する20の衝撃データ

      ダウンロード

    関連記事

    • メールと電話

      2018年11月28日

      営業メールの効果を測定するKPI 14選

    • メールと電話

      2018年10月10日

      動画を営業メールに活用する5つのコツ

    • メールと電話

      2018年5月23日

      電話営業の効率を高めるトークスクリプトの作り方